メインイメージ

人の命に触れる仕事「看護師」になる為に、生半可なきもちで挑むことはできないと思い「看護師」の仕事について調べてみました。

看護師とは

看護師(かんごし)とは、医療、保健、福祉などの場において以下の事柄を行う医療従事者の呼称である。

  • 医師等が患者を診療する際の補助
  • 病気や障害を持つ人々の日常生活における援助
  • 疾病の予防や健康の維持増進を目的とした教育

現代では、看護師の業務を行うためには、多くの国でその国が定めた看護専門学校や看護大学等の看護師養成課程における基礎看護教育を受けた上で国家試験等の資格試験に合格し、看護師免許を有している必要がある。

日本国においては、2002年3月以前まで法律上、女性を看護婦(かんごふ)、男性を看護士(かんごし)として区別していた。詳細は、名称変更を参照。

女性の看護師が、「看護婦」と呼ばれていた時代には「白衣の天使」という別名があった(ナースキャップ、衣裳、靴、ストッキングのすべてが白色だったことから)。現在はナースキャップを着用する女性看護師は少なくなった。